住宅ローン借り換え時の注意点について

住宅ローンの借り換え時の注意点は以下の通りです。

①延滞について確認されます。直近1年の通帳の写しの提出・個人信用情報の開示が一般的です。
②住宅ローンの借り換え費用の確認。ただ単に借り換えを行い、金利を低くする場合は要注意です。総支払額や毎月支払額を低下させるための目的で行う場合は、抵当権の抹消費用・抵当権の設定費用・保証料の支払い・事務手数料・印紙代と言った費用がかかってきます。現在の金利をきちんと分析し新しい住宅ローンの金利と比較し、執拗経費とどちらが得か分析が必要となります。
③期間の延長はできません。例えば現在の住宅ローンが変動金利で金利上昇のリスクを軽減したい場合、固定金利へ変更の要望があります。しかし、固定金利は設定金利が変動よりも高いため、毎月の支払額が上がってしまいます。そこで、毎月の支払額をおさえて、安定した金利に組み替えたいと考えますが、現在の住宅ローンの残存期間が27年だとしたら27年で新しい住宅ローンも組むことが必要です。
④どの金融期間が理想的か確認する。現在民間の金融機関は幅広く様々な商品を取り扱っています。その中で自分の中でどのような商品がよりライフサイクルにマッチするのかを確認することが必要です。

上記が一般的な借り換え時における注意点です。一人ひとりによって借り換えの目的も異なりますので専門家の相談を最終的にはお勧めいたします。