住宅ローンと不動産売却の注意点

いざ不動産を売却する場合の注意点としていくつか取り上げます。
①現在の住宅ローンの残高の把握   ②住宅の名義状態に確認   ③住宅についている抵当権の確認
上記の3つが大きな注意点となります。
①は、売却価格と住宅ローンの残高が住宅の売値が上回っていれば問題はありませんが、住宅ローンの残高のほうが多くなると売却ができません。不動産は購入する時期により価格が大きく異なってきます。そのため、まずは現在の住宅ローンの残高を把握することが必要となります。
②名義の確認とありますが、共有名義の場合は共有者の同意が必要となります。また、分筆の土地などは可能ですが、マンションのように分けることが不可能なものについては確実に同意が必要となるでしょう。また、最近では相続による売却も相談に受けることがあります。この場合は、名義の書き換えの費用が発生します。また、相続人が複数いる場合も注意が必要です。
③の抵当権の確認についてですが、住宅ローンはもちろんですが、事業用の担保などの設定をしている場合も注意が必要です。まず、抵当権か根抵当権なのかきちんと把握し、住宅ローン以外の債務も抹消する必要があります。時には、金融期間と折衝し、担保の付け替えのケースもあります。
そのほか、住宅ローンを一括返済する場合に手数料をとる金融期間もありますので注意が必要です。

次回は、売却時における費用負担と諸経費についてご説明します。